FC2ブログ

小斎直也が今すぐ観たい!ハリーポッターと賢者の石

魔法という言葉、とても魅了的ですよね。
どうも、ファンタジー映画はとにかくハズレが少ないと思っている小斎直也です。

ファンタジー映画というのはもうとにかく設定がずるいですよね。人をワクワクさせるような世界が舞台となっておりますから、よっぽどのことがない限りはつまらなくはならないでしょう。
魔法をつかっているのにつまらない映画になってしまっている場合、恐らく使っているのが魔法ではなく、なんだかよくわからない能力を使っていると思われてしまうからでしょう。

さて前置きはともかくとして、ファンタジー映画の代表格にはやはり「ハリーポッターシリーズ」があげられるでしょう。
今ではファンタスティック・ビーストという、ハリーポッターで出てきた本の著者を主役として描いた映画がやっており、最新作も公開されるようです。

そんなハリーポッターの原点といえば、賢者の石でしょう。
もはや名前がカッコいいですよね。
ちなみに英語でもHarry Potter and the Philosopher's Stoneとなっており、そのまんまです。

よく映画のタイトルは日本語になる時に勝手に変わっていることが多いのですが、ハリーポッターに関しては全くそのままでニュアンスもばっちりです。

小斎直也としましてもハリーポッターの映画ではやはりこの賢者の石を推したいですね。
続編も非常に楽しい映画なのですが、この賢者の石、やはり魔法の世界に入っていく少年の姿が非常に細かく描かれていて、冒頭からすっかり虜になってりまいます。

そして入学した魔法学院でも様々なトラブルや、明かされていくハリーの謎。

コメディーあり、ミステリーありの要素てんこもりとなっております。

ファンタジー映画が好きな方で、ほとんどの方は一度は見たことがあると思いますが、まだの方は是非ハリーポッターと賢者の石を観てみて下さい。

スポンサーサイト

ホラーだけど温かい、小斎直也のシックスセンス

シックスセンスとは第六感のこと、これだけ聞くとリングや呪怨のようなホラー映画を想像してしまいますが、この「シックスセンス」は違います。
どちらかというとちょっと感動してしまうタイプの映画です。ホラーといえばホラーなのですが。

話の内容はやはり実際に観ていただきたいのでここでは深く触れませんが、映画の終盤で「ああ、そういうことだったのか・・・!」という発見があります。
そのため2回見るとまた違った見方ができてい非常に楽しめます。

完全に映画の世界に気持ちをもっていかれてしまいます。これほどの大作はなかなかないでしょう。

実際にはいろいろとおかしな点はあるのですが、ミスリードというのですか、「きっとこういうことだろう」と思い込ませる描写が多いため、多くの人が初めて観た段階では勘違いしてしまいます。

映画終盤でそれが明らかになるのですが、映画を観終わった後も余韻にひたりつつ「じゃああの時のあれはそういうことだったんだ。」とわかっていきます。

衝撃のラストとはよくいったものですね。
今度レンタルビデオ屋に行ったときは探してみて下さい。

ちなみに1999年に公開された映画です。しかし映像にふるさはまったく感じませんでした。
洋画はやはりレベルが高いですね。

ロビン・ウィリアムズといえばやっぱりこれ!「ミセス・ダウト」

ロビン・ウィリアムズという名前を聞いて、映画好きなら知らないということはないでしょう。
特にこのミセス・ダウト、もといダウトファイヤーはロビン・ウィリアムズ主演作品の中でも世界的に大ヒットしたもので、日本でも幾度となく金曜ロードショーなどで放送されておりました。
映画館で実際に見に行けなかったことが悔やまれる作品です。

ミセス・ダウトのあらすじ

簡単にあらすじを申し上げると、サンフランシスコで失業したダニエルヒラードはまさに親馬鹿というほどの子ども好き。しかし失業中ということもあって、妻との仲は次第に悪く。。。ある日離婚を告げられ子どもと会えなくなってしまう。
そんなところからいろいろとはじまるわけですが、ロビンウィリアムズの名演技もあいまって笑いあり、感動ありで非常に楽しませてくれます。

話の大筋はいたってシンプルなのですが、まさにコメディといった感じで予想外の笑いをたくさん引き起こしてくれます。

小斎直也もダニエルのようになりたい

ちょっと間抜けなところもあるダニエルですが、その行動力は人として見習わなくてはならないところもあり、私小斎直也はちょっと尊敬しております。イケメンというわけでもなく、デキル男というわけでもないのですが、その人間味に溢れるところや、どうしても憎めないところが魅力的ですよね。

何よりも家族の為に一生懸命になるところがポイント高いです。と合コンのようなことを書いてしまいましたが、あくまで人としてという話です。

昔の映画だけど今みても面白い


もうずいぶんと昔の映画ですから、最近の方は見ていない人も多いと思いますが、今でもこれを超える作品はなかなかないと言えるレベルの面白さです。レンタルビデオ屋にも必ずあると思いますので、時間がある方は観てみて下さい。

小斎直也のターミネーターの感想

アーノルドシュワルツネッガーというと、カルフォルニア州知事に当選したというニュースで一躍有名になりましたが、なによりもI'll be backという言葉が流行りましたよね。

小斎直也もあの言葉には震撼したものですが、吹き替えでみると「また来る」と言っております。が、やっぱりここは字幕で生のI'll be backを聞いていただきたいところです。
これだけではんのこっちゃという話ですが、最近久しぶりに小斎はターミネータを観てしまいまして、またあの感動を取り戻したといったところです。

しかしターミネーターでのシュワちゃんは敵役として出てきますから、なかなか恐ろしいイメージを持っている方も多いと思います。2を観た方だとかなり好意的に捉えているかもしれません。

1のI'll be backはやめてくれ!という感じのセリフなので、トラウマになっている人ももしかしたらいるかもしれません。
そんなターミネーター。2と違って1はかなりホラー寄りになっています。びっくり要素もややあります。画面も基本的には暗めで進行していきます。怖いものが苦手な方にはおすすめできませんが、リングのような得体の知れない恐怖感とは違い、原因が完全にわかり、スッキリしますのでホラーが苦手な人でも観られると思います。

最後まで目が話せない展開でドキドキが止まりません。まだ観ていない方はあまりいないと思いますが、一見の価値はあります。

小斎直也のバック・トゥ・ザ・フューチャー

こんばんは、ご無沙汰しております。映画大好きっ子の小斎直也です。
小斎直也が愛する映画といえば、比較的メジャーなものが多いのですが、その中でも今回はバック・トゥ・ザ・フューチャーをご紹介したいと思います。

非常に有名な作品で、ユニバーサルスタジオジャパンにもアトラクションがありますので、知っている方も多いと思いますが、まだ観たことがないという方は絶対に楽しめると思いますので、一度はご覧になってみてはいかがでしょうか。

バック・トゥ・ザ・フューチャーといえば、さながら「デロリアン」という車が有名ですよね。その見た目の格好良さとは反対になんと約8500台で生産中止になってしまったとか。映画時代は上映が1985年なのですが、映画を観て欲しいと思ったけど、売ってなかったなんて、結構落ち込んだ方もいると思います。
もちろん中古であれば存在しますが、非常に高額でしょう。

そんなデロリアンタイムマシンに改造して、青年マーティと科学者ドクがタイムスリップをする。という物語なのですが、このデロリアンを結構な速度でぶっ飛ばします。

間違っても現実世界で法定速度を超えて飛ばしたりしないようにしてください。時よりこの曲が流れるとアクセルをつい踏んでしまう方がいますが、未来や過去にはいけません。あの世に行ってしまうことになりますから、絶対にやめましょう。

タイムマシン映画を見ると、必ず時間という概念に関する論争が産まれます。これには諸説あって、そもそも過去に行くことはできないとする理論や、過去というものは存在しないとする理論など、興味のある方はじっくりと調べてみると良いかと思います。

ただし、恐らく正確に理論を読み溶けるのはそれなりの学識のある方に限りますから、間違ってもネットなどに書いてある表面的な言葉を信じ込まないようにして下さい。

へぇ~くらいに思っておくのが良いでしょう。


【迫力満点】小斎直也のジュラシックパーク

もし恐竜が現代に存在していたら・・・
太古に存在していたと言われる巨大な生物。「恐竜
実際には発見された骨から、ただ推測したに過ぎない生物で、よく恐竜図鑑にのっている姿や、特に色などは想像でつけたもので、特に色に関しては根拠がないという話しを聞いたことがあるのではないでしょうか。
そんな恐竜はなぜ絶滅したのか、というところもいろいろ説はありますが、実際のところはわかりません。
そもそもこんな巨大な生物が地上を走り回っていたのかということも、今考えると信じられませんよね。
一度でいいから動いている恐竜を観てみたい!そんな願望を叶えてくれるのがこの映画ジュラシックパーク」でしょう。
もちろん恐竜映画というのは他にもたくさんありますが、やはり小斎直也が推したいのはこの作品。

恐竜の走り方はもちろん、各部分の動かし方まで繊細に拘っており、実にリアルな恐竜の動きを観ることができます。まるで見てきたかのような迫力ぶりには驚くこと間違いなし。

特にT-REX(ティラノサウルス)の登場シーンなんて感動そのものでしょう。
鳴き声なども当然に形から想像したものですが、非常に説得力があります。
恐竜好きな人ももちろん、そうでない人も楽しめる、最後までハラハラさせられます。
ユニバーサル・スタジオ・ジャパンにも、ジュラシックパークをテーマにしたアトラクションがあるほどの人気ぶり、一度は見たことのある人が多い話題作ですが、まだ見たことがないという方は是非見てほしい作品です。

最近では続編となるジュラシックワールドも2部公開されており、こちらも三部作が予定されているようです。

最近やっているクワイエットプレイスは面白そうですよね。

こんちは、近頃コーヒーブレイクの小斎です。このサイトは私が何か気になることやイケてるものの話、好奇心をくすぐられることについて綴る場所です。映画に偏るけど悪しからず。

戦いはクライマックス!周瑜や諸葛亮など英雄たちの活躍が見れる「レッド・クリフ Part2」

はーい身の回りが忙しくなってきました!皆さんの周りは変わりありませんか?
さて本日の主題は…。2009年公開の映画、中国の戦争・アクション映画作品、『レッド・クリフ Part2 ~未来への最終決戦~』です。監督ジョン・ウーによる映画で、トニー・レオン主演によるものでした。原作は羅貫中による三国志演義です。
あらすじはざっとこんな感じ『赤壁の戦いをクライマックスとした一大決戦を舞台に、強敵を前に知略を競う周瑜と諸葛亮の活躍を軸に、曹操・孫権・劉備ら各陣営の英雄、周瑜の妻・小喬や孫権の妹・尚香らヒロインそれぞれの戦いが様々に交錯して展開する。』

いかがでしたか?小斎直也の印象としては出演者の演技力の高さに魅了される、そして自分の悩みがちっぽけに思える、といったところです。皆さんもぜひ一度ご覧ください。

映画を観る時間だけは確保しています。

どーもです、最近ダイエットに飽きた小斎直也です。このルームはわたくし小斎が何か気になることや好きなことの話、注目してることについて話しています。映画がメインなのでよろしくです。